top of page
検索
  • 執筆者の写真ふじ学習会

中学生も春から新しい教科書です

小学生はすでに新しい教科書になっていますが、中学生も2021年4月から教科書改訂です。

いろいろな話を聞いていると思いますが、やっぱり気にしたいのは英語。

特に新中1と新中3の皆さんは今のうちからできることを準備しておきましょう。


まず言われていることは単語。中学で扱う単語数が「1200語」から「1600語~1800語」となる上に、到達目標がCEFRが英検準2級に食い込んでくるため準2級相当の単語も多く扱うようになります。

また、今まで扱っていなかった文法がふえます。具体的には「現在完了進行形」や「原型不定詞」、「仮定法」などです。

本文の内容を確認する時間もそうですが、文法を理解、定着する時間が必要になります。新しい文法が入試に出題されることまで考えておきましょう。


また、小学校であつかった単語「600語」の多くは重要単語です。これらは中学生になるまでに、読めて、言えて、聴けて、書けるようになっておきたい単語です。学習済み扱いの単語になります。新中1講座ではこれらの単語の総確認もしていきます。


今回のお話の参考資料とさせていただきました、「エデュケーショナルネットワーク まるわかりブックVol35 中学校の教科書はこんなに変わる!」の冊子の残部がありますので、ご興味がある方は直接教室までご連絡ください。







閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page